花桜会
会長あいさつ

 

尚絅学園花桜会   会長 都 芳江 

 

 

 会員の皆様には、日々お健やかにお過ごしの事とお慶び申し上げます。日頃より花桜会に ご協力いただき厚くお礼申し上げます。  

    この度、役員改正により、二期目 会長の大役を引き受けることとなりました。  

     母校は1888年(明治二十一年)に開校しました。十一年後の1899年(明治三十二年)に 同窓会が設立され、今年で百十八年の歴史と伝統を誇る花桜会(同窓会)です。 

先輩方が大切に 作り上げて来られたこの同窓会を微力ではございますが、気を引き締め、心を尽くし、役員の皆様と 共に発展の為、役目を果たして努めてまいります。  

花桜会は、会員相互の親睦を深めるとともに、母校の発展を助け、更に社会公共のために尽くす ことを目的に活動しております。

 近年、時代の変化により、会の運営にも変化が出てまいりました。生活様式が多様化し、 女性の社会進出も目覚ましく、各々が多忙になり、母校・同窓会への関心が次第に薄れてきています。

会の活性化の為、より多くの卒業生の方々に学校や同窓会に訪れて頂き、会への理解・参加いただける様に 色んな計画を致しております。  

平成二十五年からホームカミングデイが始まり、花桜会も皆様に楽しく参加頂けるように色んな 催しを計画しております。

また、平成二十九年度より花桜会主催で講演会を同日に計画し、第一回として 講師に姜尚中先生、演題「懐かしい未来の熊本」の講演をいただきました。

沢山の方にご来場いただきありがとうございました。  今後とも会員の皆様のお心を花桜会へお寄せ頂き、ご協力の程 宜しくお願い申し上げます。